子どもの健康作りは楽しく遊びながら培う。

<フットパズル>

足でピースを掴んではめるパズルです。

3才のお子様から始める事ができます。

<フットターゲット>

足でボールを掴んで的に向かって投げる得点獲得ゲームです。付属のゲートで高得点を目指しましょう。

<フットボックスボール>

対面対戦ができる足を使った玉入れゲームです。足掴みを上手く行ってスピーディーに玉入れを目指しましょう。


成長期の足のトラブルが深刻化しています。

足の機能を医学的な見地から研究する団代であるNPOオーソティックスソサエティーによると、児童施設に通う子どもたち293人を対象に調査した結果、なんと、子どもたちの47%の足に「浮き指(うきゆび)」が、70%の足に「内反小趾(ないはんしょうし)」が見られました。つまり、3人に2人以上の子どもが、すでに足にトラブルを抱えています。


原因は環境にもある。

生活の中で過ごす環境はとても整ってきています。
家の中ではフローリング・外に出るとコンクリートの道路や歩道・店内も転びにくく、安心して生活が出来る環境です。

また、サンダルやスリッパ等の履きやすい形状の靴の利用するシーンも増えており、

サンダルやスリッパが脱げないように歩くため足を踏みしめなくなっているとも言われています。

裸足で砂場を駆け回り、砂利道を遊び、土の道を走り回ることは難しい環境になっています。


今から子どもの足のトラブル対策が必要です!

足で遊べ!プロジェクトは普段の生活の中では利用することが少なくなってしまった「足指」「足裏」の筋肉を利用しながら遊ぶことで、知らず知らずのうちにトレーニングをさせたいと発足しました。色々な商品を利用することでトータルとして足の基盤作りに貢献できると考えています。ぜひ、今から始めてくください。